施術で起こる、いやーなアレ

経験したことありませんか?

『もみかえし』

施術によって筋肉や筋膜がなんらかの損傷を負った、いわゆる怪我。

ちょっとMっけがあるのか?稀に『もみかえしにならないとやられた気がしない』という方もおられますが…。

まあ怪我なので起こさない方が良いわけです。

(特にリラクゼーションの場合「健康を害さない」のが求められるところですのでトラブルの原因となりかねません)


こって硬い筋肉をグリグリやりすぎるとダメなわけですので

・筋肉や筋膜を傷つけないようゆるめる

・周りの関連する筋肉に引っ張られて痛みが悪化するケースもあるので、関連部位も一緒にゆるめる

のが非常に大切です。

オイルマッサージの方が指圧よりも揉み返しになりやすいのは、「硬い所」→「強擦」に頼って施術する事が多いからですね。

施術時に硬いゴリゴリ発見したらのやり方など取り入れると、揉み返しになりづらいのでオススメです。

揉み返しになりづらいテクニック

当スクールのほぐし(ボディケア)の講座は特にこの揉み返しになりづらいやり方にこだわっています。

当スクールのほぐしの講座については→

ほぐしの概念が変わる…

スクールに来られない方には教材も。関連部位も一緒に学べます。

教材の詳細やご購入は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA