ストレッチのポイントは

ストレッチにもポイントがあります。

①勢いよくやらない、ゆっくりと

伸張反射起こす可能性がありますのでご注意。

②伸ばしたら、そこで最低一呼吸キープ

ベストは8秒くらい。

③伸ばす範囲

リラクゼーションならば抵抗を感じたところから1センチくらいのところまで。

治療目的ならプラス2センチくらい。

とはいえ筋膜の癒着などある場合こちらでもご説明した事が起こりうるので、あまり伸ばさないうちに痛みを感じやすいです。

その場合は相手が心地よく受けられる(ほぐしやオイルと同じで痛気持ち良い程度)範囲でやりましょう。

先日のタイストレッチの講座でもお話しましたが、施術は相手の身体とのコミュニケーションです。

「伸び具合はどうですか?」

「痛みが強すぎたら言ってくださいね!痛気持ち良いくらいがベストなので」

と効いてみてください。

抵抗感じないところで既に痛い等のケースは聞かないと分からないですし、必ずしもご自身からお客様がその旨言ってくださるわけではありません。

遠慮してご自身から言い出せない方もいます。

単に「痛くないですか?」と聞かれたら、遠慮して痛いと言えない方もいるので…

これもまた一方踏み込んでみる、そんな気遣いでお話したことになりますが、要望等を伝えて頂きやすい問いかけも大切です。

各種ストレッチ講座

筋膜リリースストレッチやタイストレッチを学べます

筋膜リリースストレッチ

→時折グループ講座も。個別指導の場合1~1.5時間11,000~16,500円(手技数による)

タイ古式マッサージ各種

→1day、2daysのグループ講座は時折開催

→個別指導の場合は各種資格取得講座について

タイ政府認定校の修了証は要らない!という場合は個別指導で1時間~必要な手技のみ学ぶことも可能です

ストレッチ教材

詳細やご購入は

お申し込みやお問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

メルマガ

施術豆知識や開催スケジュール、練習会のご案内などご登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA