気持ち良さにも種類がある

施術において気持ちよさは2つに分けられます。

1つはコリ等をほぐされたり、ツボなどのポイントを押される物理的な痛気持ちよさ。

もう1つは触れられて心地よい、軽擦のような触覚的な意味での気持ちよさ。

この2つは同じ気持ち良いでも、また違った種類の気持ちよさです。

だからこそ手技と手技の合間に軽擦(エフルラージュ)を適宜挟むのを推奨してます。

なにも軽擦はオイル塗布のあととその箇所の〆にやるだけではありません。

また真っ直ぐいって戻るだけが軽擦ではない…。

使う道具も手のひらや指、さまざまなバージョンを作れます。

ぜひさまざまなパターンを作ってみて、手技の合間に挟んでみてください。

施術の質がぐっとアップします( ̄▽ ̄)

(今日の絵心は微妙)

より気持ち良いタッチ、軽擦法を学びたい方は

簡単なようで実は難しいエフルラージュ。

その理由は手のタッチ、密着感にあり…。意外とこれちゃんとできてる方がいない(–;)

なかなか練習時に指摘できるモデルがいないせいでもあるけど…。

しっかり学びたい方は個別指導にて受講可能です(`・ω・´)ゝ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA